Propellerhead Reason 10 : Mac OS High Sierra 10.13.4 互換性について
2018-04-12

最新版Mac OS High Sierra 10.13.4環境にてReasonの動作に不具合が生じることが分かりました。
現時点では、Reasonを使用している場合、macOS High Sierraを10.13.4にアップデートしないことを強くお勧めします。

現在、動作検証を行っております。ご迷惑をおかけいたしますが、対応状況のご案内まで、今しばらくお待ちください。


すでにMacOS High Sierra 10.13.4にアップデートしていて、パフォーマンス上の問題が発生している場合は、「環境設定 - 一般」タブの「ハイパースレッディング音声レンダリングを使用する」機能を無効にしてみてください。これにより、パフォーマンスが向上する場合があります。
macOS High Sierra 10.13.4にまだアップデートしておらず、あなたのコンピュータのApp Storeアプリケーションで "macOSアップデートをインストールする"機能が有効になっている場合は、これを無効にすることができます。:


  1.   アップルメニューの「システム環境設定」から「App Store」を選択します。
  2.   App Storeコントロールパネルをクリックします。
  3.   「MacOSアップデートをインストールする」機能の選択を解除します。

カスタマーサポート

Propellerheadでは、手にしたその日からすぐに使えるソフトウェアの開発を行なっております。伝説的に高品質で安定性の高いReasonなら、テクニカルな問題を抱えることなく、音楽制作に没頭できます。それでも、サポートが必要になることがあるかも知れません。日本では、Propellerheadの代理店KID(KORG Import Division)がReasonカスタマーのサポートを行っております。サポートが必要になりましたらぜひご利用ください。

サポートにコンタクトする

Reasonサポートページ

Propellerheadの本国サイトでは、豊富なヘルプ情報を英語で掲載しています。一般的な問題の解決法などにつきましては、サポートページをご利用ください。

サポートページに入る